Cervelo Soloist Carbon Repair


カーボンフレーム塗装補修 & ロゴペイント

レース中の脱チェーンで、ガッツリ削れてしまった切削痕の補修です。

BB付近、クランク、スプロケットで少しは隠れるとはいえ…やっぱり目立ちますね。困惑
レースに使う大事な大事なバイク。
これでは気持ち的に…ちょっと萎えちゃいますね。 ノーノー

…詳しい補修工程は blog でね。



…で、ついでと言ってはなんですが…



フレームの補修と同時に、F-フォークにロゴペイント


広範囲の場合は、バラシて、仕上げにフォーク全体をクリアーコートした方が、塗り分けの段差も無く、綺麗に仕上がるのですが…
このくらいなら、フォークをバラさずに部分的なペイントも可能です。(しかも安価で!)
* ペイント部の段差は残ります。


ロゴを入れる部分にマスキングを施し、エアーブラシで吹き付けます。


クリアーコートした後、マスキングを剥がして…




マスキングエッヂを調整して…



 ハイ。出来上がり♪ ピッカピカっ! ラブラブ





ガッツリいってしまった切削痕もこの通り ラッキー
フォークに入れたロゴも違和感無くまとまってるでしょ?!


これでまた、気持ち良くレースに臨めますネ!グッド


関連する記事
Comment
コメントする








   
Trackback
この記事のトラックバックURL
カーボンフレーム塗装補修 \"Cervelo Soloist Carbon\" 切削痕補修の続きです。 いよいよ本格的な成形作業に入ります。
  • RADICAL BRATS DESIGNS blog
  • 2009/01/21 12:39 PM

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

RADICAL BRATS DESIGNS

categories

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM